吹田市でしだれ桜を見れる場所はここ!超穴場、アサヒビールの迎賓館「先人の碑」で一般公開!

日本人は、どうしてこんなにも桜が好きなのでしょうか?桜への愛の深さは世界一ではないかと感じます。桜は、日本人の心を揺さぶり、どうしようもなく、様々な感情が湧き上がってくる不思議な魅力を持っています。

「桜」の世界に浸り「桜」への愛を満たしたい!という方々が探し続ける穴場スポットを、実は私も見つけました!もう何年も吹田市に住んでいるのに知らなかった場所。

それが、アサヒビールの迎賓館「先人の碑」です。日頃から、無料で一般公開されるのだそうです。見事な「しだれ桜」に心揺さぶられる時間を堪能できますよ!人混みがちょっと苦手…という人は、このアサヒビール迎賓館なら静かに癒されるはずです。

大きな道路車のに面しているので車が行き交う音が聞こえますが、広い敷地内では、鳥が鳴き、桜以外にもたくさんの木々がある広い庭園です。

スポンサーリンク

アサヒビール吹田工場の向かいにある迎賓館「先人の碑」とは?

大阪府吹田市・アサヒビール吹田工場をバックに見事なしだれ桜

アサヒビールの吹田工場の道路を隔てた向かいに1988年(昭和63年)の4月に樋口康太郎氏によって建立されたそうです。樋口康太郎氏とは、アサヒビールが低迷を続け「夕日ビール」とまで言われた時代、「アサヒスーパードライ」を発売して大ヒットさせた人物です。

アサヒビールの社長に就任後、ロゴマークの変更に際し、猛反対に合いながらも、売れ残っていた古いビールを回収して破棄してアサヒを再興させたすごい人です。

「先人の碑」というのは、アサヒビールを支えてくれたお客様や、様々な多くの関係者の人たちの名を刻んだものなのだそうですよ。迎賓館の庭園は一般公開されていますが、建物の中には、先人の碑に祀られている遺族の方しか入れないようになっています。

ですので、お手洗いに行きたくなったら、建物の裏手に設置してあるトイレに行けるようになっていましたよ。建物の中以外の広い庭園内は、どこでも見て歩いて大丈夫とのこと、一周するのに、結構な時間がかかりました。

お目当ての桜ですが、門を入って左手にソメイヨシノの桜が林のようにたくさん植わっています。しだれ桜は、右手側です。

先人の碑は、一番奥にあるので、そこまで坂道を登ったりして散策しながらめぐることができました。池には立派な鯉が泳いでいたり、所々に、ベンチが設置されているので、座ってゆっくりお喋りすることもできます。ベンチがあるのはたいてい桜の木の下なので、ゆっくり桜を堪能できますよ。

飲食・ペットは禁止です。とても美しく手入れの行き届いた庭園で鳥の鳴き声や木々のせせらぎを感じることができます。こんな場所に、こんな素敵な所があったのか!と驚きますよ。まさに、穴場!

アサヒビール迎賓館へのアクセスと駐車場

迎賓館へのアクセス

迎賓館は、アサヒビール吹田工場の道路を挟んだ向かいにあります。専用駐車場はありません

  • 東海道本線(JR京都線)吹田駅 東改札を出て、徒歩10分 (東改札(北口)を出て左)
  • 阪急千里線 吹田駅 徒歩10分 JR吹田方面へ進む

アサヒビール工場見学のアクセスから引用:地図をクリックすると公式HPへ進みます!

JR吹田駅・阪急吹田駅のどちらの駅からも同じくらいの距離です。

駐車場はタイムズ吹田グリーンプレイスが便利

JR吹田付近・阪急吹田駅付近にも、タイムズがあります。駅前なので迎賓館まで徒歩10分程度です。私のオススメの場所は、タイムズ吹田グリーンプレイス。

基本料金は30分ごとに200円ですが

  • スーパー阪急オアシスで1000円以上買い物をすれば90分無料
  • 飲食店もあるので、ランチやちょっとお茶して1000円以上なら、90分無料
    3000円以上であれば120分無料
  • 複数点を利用すれば、最大3時間(180分)まで無料

迎賓館で桜を堪能した後、お買い物やお茶すれば、駐車代も安く済ませることができますよ!

タイムズ吹田グリーンプレイスへのアクセスから引用:地図をクリックすると公式HPへ進みます!

ちなみに、私がよく食べに行くのは『極みとんかつ かつ喜』と『収穫祭』。

  • 『極みとんかつ かつ喜』は、ブランド豚「四元豚」が楽しめます!ご飯とキャベツとお味噌汁がおかわりし放題ですよ^^
  • 『収穫祭』は、神戸発祥のイタリアンレストラン。三田産の野菜を使用したサラダと、焼き立てのパンは食べ放題!

ランチで、どちらも予算は1,500円程度です。
ゴザを広げてみんなでワイワイするお花見の一人あたりの予算は全国平均で2,224円だそうですよ(株式会社ウェザーニューズ調べ)。都道府県によっては違うそうですが…一人あたりのお花見予算で一番高いのは青森県の2,908円!

しっとりと、ただただ、桜を愛でる時間を過ごした後のランチで1,500円の予算なら…駐車場代を足しても、全国平均くらいのお花見予算になりそうです^^

桜が見れる開催の時期

アサヒビール迎賓館「先人の碑」は常に一般公開されているので、桜が咲く頃に訪れると、見事な桜を見ることができます。他には椿やあじさいもありました。特に、桜の本数が多いので、見ものは春の桜の季節です。特に、しだれ桜が見事です!

あまり人に知られていない場所なのか、訪れる人はまばらでした。桜の季節は臨時の駐輪場が設置されていますよ!吹田市に住んでいて、自転車で行ける人は、自転車が便利だと思います。

時間は、朝の9時から4時頃までだそうです。大きな門が開けば、いつでも中に入って見学OKとのことです。

でも、迎賓館の建物の中には、ご遺族の方しか入れませんので注意してくださいね。

迎賓館内の地図

案内図

スポンサーリンク

しだれ桜(枝垂桜)の開花時期やその魅力

しだれ桜の開花時期

しだれ桜は、枝がやわらかく、垂れ下がっている桜です。だから、「枝垂桜」という漢字を書くのですね。枝が長くて柔らかいので、どうしても垂れ下がってしまうのです。

しだれ桜の開花時期は3月末~4月上旬頃です。日本で一番多い桜の「ソメイヨシノ」よりも、1週間ほど早く開花するのが特徴です。桜の開花予想はソメイヨシノを観測して行われるそうなので、開花予想の1週間前になったら、しだれ桜が咲き始めるのだなと認識しておくと良いのではないでしょうか。

しだれ桜の魅力

しだれ桜といえば、天然記念物にも指定されている推定樹齢1000年を超える三春滝桜(みはるたきざくら)を思い描きますが、みなさんはいかがでしょうか?生涯を終えるまでに、見てみたいと思う桜です。この場所に立って、目を閉じて、しばし桜へ思いを馳せる時間を過ごしてみたいものです。

大阪府吹田市にあるアサヒビールの迎賓館のしだれ桜は、迎賓館が建立されたのが1988年なので樹齢30年ほどの桜でしょう。

アサヒビール吹田工場の向かいにある迎賓館「先人の碑」のしだれ桜

まとめ

  • アサヒビール吹田工場の道路を挟んだ向かいの迎賓館「先人の碑」は、無料で一般公開されている
  • 桜の季節には、見事なしだれ桜が見れる!ソメイヨシノも素晴らしいですよ。
  • 公開時間は朝9時~夕方4時頃まで
  • 臨時駐輪場が設置されている
  • 庭園は一般公開されていますが、迎賓館の建物の中には、先人の碑に祀られている遺族の方しか入れないようになっています。

吹田市で、見事な枝垂れ桜が見れる場所を紹介させていただきました。アサヒビール吹田工場の向かいにある迎賓館「先人の碑」は、穴場ですよ^^

大きな道路に面しているので、車の音が聞こえますが、一歩門の中に入れば、緑に包まれた庭園内には鳥が鳴き、池には鯉が泳いでいて、ベンチもあります。たくさんの車が行き交うこんな場所で?!と、驚くに違いありません。

ゆったりとした時間を過ごしながら、アサヒビールに尽力された先人たちへの感謝の心でしだれ桜を見るとまた違った時間の過ごし方ができるかもしれません。

桜の時期は、あっという間に過ぎ去ってしまいますね。雨が多いのも特徴ですよね>< 桜が咲いた!とソワソワしだしたら、雨の予報…。あぁ、せっかくなのに、桜が散ってしまう…とこれまたソワソワしながら数日を過ごしている間に、葉桜になってしまう。

そんな桜の時期を過ごしてしまう私なので、遠くの桜より、近場の桜です!吹田市、摂津あたりにお住まいの方は、ぜひ行ってみてください。遠方の方は、アサヒビールの吹田工場見学の前後に是非!工場見学は予約をしなければなりませんが、迎賓館は予約はいりません^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です