野田聖子の息子の2018現在が気になる!?夫は誰で年齢は?子供のために専業主夫に?!

卵子提供を受け、体外受精で子供を授かった野田聖子さん。高齢出産というリスクからか、子供は重い障害を持って生まれました。しかし、現在の夫に支えられ国会議員として活躍されています。夫は、誰でどのような方なのでしょう?年齢は?何でも、子供のために韓国料理店を閉めて専業主夫になったとか!?

野田聖子さんの息子さんの現在や、夫は誰なのか?様々な噂が流れていますが、本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

野田聖子さんの息子、真輝(まさき)くんの2018現在は?

9月ちょっと心臓に問題ありで入院したそうですが元気そうな姿が可愛い真輝くん
野田聖子さんのアメブロより引用https://ameblo.jp/seiko-noda/

野田聖子さんの息子さんは真輝(まさき)くんという名前で男の子です。2011年1月6日に生まれました。2017年の現在は6歳で、小学校1年生。東京都立青山支援学校に通っているそうですよ。

真輝くんは、実は外国人のお母さんの卵子と、現在の夫の精子を体外受精して誕生した子供さんです。野田聖子さんは、10年間という長い期間、不妊治療を続けましたが残念ながら妊娠することができませんでした。

そこで、養子縁組を考えたそうですが年齢制限や(当時は)事実婚であったなどの理由で養子縁組はできなかったそうで体外受精という道を選んだそうですよ。

50歳という年齢での決断です。野田聖子さんという女性は、強い人だなと感じます。様々な事を言う人がいると覚悟を決めての決断だったでしょうからね!夫である人も、並々ならぬ決意をしたのでしょう。

真輝くんは、生まれる前から

  • 心臓疾患
  • 臍帯(さいたい)ヘルニア

であるとわかっていたようです。

生まれてからは、

  • 食道閉鎖症
  • 脳梗塞

という病気と闘い、何度も手術を受け、2歳を過ぎるまで入院生活を送っていたようです。現在は右半身に麻痺という後遺症があり、流動食で胃ろうもされているようです。血流が悪く、筋肉が萎縮してしまわないように欠かさずマッサージなどを行うそうですよ。

生まれる前から長生きできるかどうかわからない…と言われた命ですが、小学校に通えるまでに成長した真輝くん。真輝くんは、野田聖子さんにとって、まさにかけがえのない宝ですね。

小学校に入学してからは、公文式に通い出したとか。勉強も頑張っているんですね!

スポンサーリンク

夫は誰?年齢は?韓国人で前科があるって本当?

野田聖子さんはご自身のブログで自分のことを「鉄母」とおっしゃっています。そんな鉄母の夫…旦那さまは、どこの誰でどんな人なのでしょうか?

韓国人で前科がある?!というような噂がありますが…韓国人であろうが日本人であろうが、なに人であろうと…関係ないですね。野田聖子さんの良き夫で、真輝くんの良きお父さんなのですものね。

真輝くんが生まれるまでは野田聖子さんと、現在の夫さんとは、事実婚でした。しかし子供が生まれるのをきっかけに、お二人は籍を入れ、野田聖子さんの夫さんは、野田文信さんいう名前になりました。

ですが、その前は木村文信さんという名前で、更にその前は金文信さんという名前だったようです。だから、韓国人だと言われているようですね。

昔、出会い系のアダルトサイトを運営していてスパムメールを送って逮捕されたと週刊誌に書かれたので前科があるとも言われています。そうは書かれても、なんだか信じられませんね。

韓国料理店を営んでいましたが、真輝くんと奥さんの野田聖子さんの為にと韓国料理店を閉め専業主夫となり、子育てや奥さんが仕事に専念できるようにと家の事を引き受けてくれるような旦那さまです。

週刊誌の書くことだからなーなんて、思えてしまう私です。前科があったとしても、子供と奥さんを精一杯支えている夫さんなのですから、前科があるだの何だのと騒がれても、それで?って思っちゃいますね。

奥さんが国会議員ですものね、なんやかんやと調べ上げられてしまうでしょうね…。

まとめ

  • 野田聖子さんの息子の真輝くんは、現在は支援学校に通っている
  • 公文を習っているようだ
  • 右半身の麻痺や胃ろうなどもあるけど、両親に大切に可愛がられて元気に成長中!
  • 夫は野田文信さんといい、韓国料理店を営んでいたが子供と奥さんである野田聖子さんのために、専業主夫になった

前科があるとか韓国人だとか、週刊誌でいろいろ追いかけられている野田文信さんですが…真輝くんのステキなお父様だと感じます。野田聖子さんを支えて献身的な夫だとも感じます。事実がどうであれ、真輝くんにとって、大切なお父さん。

野田聖子さんも、母として政治家として、様々な批判もあるでしょうが頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です